ピーマンは光合成するか

トップ  >  ・テーマ一覧  >  ピーマンは光合成するか

ピーマンは光合成するか


● 学 年 : 中学~
● 題材分類 : 生物観察系
● お手軽度 : 3日以内

ピーマンの実が光合成しているかを調べる。

◆必要なもの---二酸化炭素測定用の気体検知器(ガステック)、顕微鏡(高倍率)
気体検知器は高価なので学校で借りられるか聞いてみよう。
気体検知器が入手できない場合、別の方法は・・・ないかな。他のテーマに変えましょう。

◆方法---ピーマンを薄く切り、顕微鏡で細胞を観察し葉緑体の有無を確認する。
ピーマンをビニール袋で覆って直射日光を数時間当てる。日光を当てる前後で二酸化炭素濃度を測定しておく。
同じようにピーマンの葉や、赤ピーマンでもやってみよう。

◆まとめ方---顕微鏡で葉緑体のようすを図に描く。実験前後で二酸化炭素濃度の変化を表にまとめる。実験のようすをデジカメ写真で示す。

◆解説---東大の学生でも、光合成をおこなっている場所は、葉だけと答える人が多いそうです。そういう意味で意外性のある実験。
ピーマンの実は光合成をするための器官ではないので、光合成量は葉に比べるとかなり少ない。また、実の表皮には気孔が見あたらないが、ヘタの部分に気孔が集中している。

◆参考ページ
光合成の森 ピーマンの実やスイカの皮は光合成をするか?
ガステック 光合成による二酸化炭素・酸素の変化
プリンタ用画面
前
・テーマのDB
カテゴリートップ
・テーマ一覧