バナナの鑑賞炭

トップ  >  ・テーマ一覧  >  バナナの鑑賞炭


● 学 年 : 中学~
● 題材分類 : その他
● お手軽度 : 1日以内

◆方法---大きな空き缶にバナナを入れ、空き缶の口にはアルミホイルでぴったりフタをする。アルミホイルに5mmほどの穴を開ける。空き缶を火にかけ60~90分ほど炭焼きする。煙が白→青っぽくなったらできあがり。ゆっくり冷やす。
作るときの条件や作り方を変えて実験してみる。
家の中でつくるときには、換気に十分注意してください。

◆まとめ方---作る過程とできた鑑賞炭を写真に撮る。バナナでも炭ができる理由を調べ、作り方との関係をまとめる。
作り方を変えたときのでき方とその理由をまとめる。

◆解説---植物の体には水分の他に、セルロースなど多くの炭水化物が含まれている。これは炭素・水素・酸素原子からなる物質で、燃やせば二酸化炭素と水にる。
ここで、バナナを加熱するとまず含まれていた水分が蒸発。さらに酸欠状態で加熱を続け400℃~500℃になると、炭水化物は熱分解し始める。水素原子と酸素原子は、水H2Oになって白い煙(水蒸気)として小さな穴から出て行きます。残ったのは炭素原子だけで、コレが木炭(すみ)です。


◆参考URL 国際炭焼き協力会http://www.sumiyaki.jp/02fuseyaki/index.htm
http://www.sumiyaki.jp/02fuseyaki/02fuseyakli03_27.html
プリンタ用画面
前
・テーマのDB
カテゴリートップ
・テーマ一覧